確実に一発合格したいなら、通信講座を選ぶのが賢明!

私の実体験から、独学と通信講座の特徴をそれぞれまとめてみました。
【独学】
●テキストや問題集など教材選びが難しい
市販のテキストは山ほど出ています。しかし、いくらネット上で評判が良いからといっても、そのテキストが自分に合うかなんて、実際に勉強してみなければわかりません。この教材選びというのは、一番難しく時間もかかるでしょう。

●試験の傾向や最新情報が入手できない
書店で販売しているテキストだけでは、入手できる情報に限界があるため、肝心な試験の傾向や対策がとれず、結果的に挫折してしまうというパターンが多くみられます。市販のテキストというのは、制作されてから何カ月も経って書店に並ぶので、そこでのタイムロスは大きいのです。

●独学のメリットは「費用が安い」ということだけ!
独学のメリットは残念ながらこれだけです。テキストは2,000円前後なので、問題集を合わせても4,000円あれば購入可能です。とはいえ、不合格の度に買い換えては、それなりに費用はかかってしまいますが…。

結果……独学では、時間と労力が膨大にかかる

【通信講座】
●要点をまとめた、合格ラインぎりぎりを狙うテキスト
試験は満点を取る必要はありません。全体の70%を取れば合格できるのです。通信講座のテキストは、合格ラインぎりぎりを狙うテキストなので、ムダな部分を省いていて、とても効率よく勉強ができます。

●講義DVDで理解度グンとアップ
テキストを読むだけよりも、目で見て耳で聴いて五感をフルに活用した方が確実に頭に入り、深く理解できます。私はこのDVDがなければ、合格はできなかった、というほどお世話になりました。わかりやすく丁寧に話す講師にも好感がもてましたしね。

●通信講座のデメリットは「講座選びが難しい」ということだけ!
すべての通信講座がフォーサイトのように「低価格で教材のレベルが高い」というわけではありません。ユーキャンは講義DVDが付いていないし、大手の資格スクールは80,000円以上もするし…。
きちんとパンフレットや無料サンプルを見て、価格と教材を照らし合わせてから受講することが大切です。

結果……時間と労力は独学の半分!受講料は多少かかるが、
その分効率的に勉強ができる!

確実に合格したいのであれば、通信講座を受講するのが賢い選択。
独学で失敗した私がいうので間違いありませんよ。
ちなみに、資格スクールなどの通学は、費用が膨大にかかるうえ、決まった曜日や時間帯に通わなくてはいけなく、とても非効率なので、
おすすめはできません。

 

簿記の歴史へ