簿記を活かすフィールドは拡がっています

私の場合は「就職活動に役立てたい」という理由から、簿記2級を取得しましたが、他にはどんなメリットがあるのでしょうか。

簿記は「就職・転職に強い資格」や「取りたい資格」などのランキングでは、常に上位にランクインするほどの人気の国家資格です。それもそのはず、受験者はなんと年間40万人!それだけ、企業で役立てる資格なのです。

【簿記を活かすフィールド】
●就職・転職に有利
簿記は職種にかかわらず、多くの企業から必要とされるので、就職・転職にとても有利です。とくに経理部では、すべての業務において簿記の知識が必要なので、資格保有者は即戦力として活躍できるでしょう。

●結婚・産後の職場復帰に有利
資格は一生ものです。一度職場を離れても資格があれば優遇され、職場復帰の大きなチャンスとなります。

●昇格・昇給の期待大
簿記を取得していると、社内の評価が高く、昇格・昇給にとても有利に働きます。しかし、大手の経理部などでは、持っていてあたりまえの資格なので、逆に取得していないと、出世は見込めません。

●自営業や独立したい人は必須の資格
自営業の人は、売り上げなどを帳簿に記入する必要があるので、簿記は必須です。とくに確定申告では簿記の知識がないと「青色申告」ができません。

●キャリアアップに役立つ
公認会計士や税理士などの会計系の資格を目指す人にとっては、簿記の知識がないと話になりません。まずは簿記を取得してさらなるキャリアアップを目指しましょう。

 

試験の申し込みから合格発表までへ